パン屋開業スクールRE-LIVE(マツコ会議)の場所はどこ?授業料やコースも気になる

   

2017年3月11日の午後11時から放送のマツコ会議で、パン屋開業スクールに潜入するようだね。

第二の人生をパン屋さんにかける人たちが通う開業スクール「RE-LIVE」ってどんなとこ?

そんな風に思う人も多いんじゃないかな。

そこで、「RE-LIVE」について、場所の確認や授業料、どんなことが学べるのかを調べてみたよ。

それでは、早速始めていきましょう。

パン屋開業スクールRE-LIVEの場所はどこ?


引用元:http://www.ntv.co.jp/matsukokaigi/

まずは、スクールの場所はどこにあるのかを確認していこうと思う。

地図で見ていくとこの地点に、RE-LIVE NOF校舎・本部があったよ。

NOF校舎・本部
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-4-9 NOF新宿南口ビル7F

グーグルアースで見ると建物はこんな感じだったよ。

新宿駅からも近くて、通学るのに便利な場所にあるんだね。

こちらは代々木にあるサザンテラス南校舎というところ

サザンテラス南校舎
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-60-11 東興本社ビル1F

外観は、こんな感じだったよ!

おそらく中継は、こちらのサザンテラス南校舎じゃないかなって思うんだけどどうかな?

このスクールでは何が学べるの?

RE-LIVEでは、パンのほかにもパティシエやカフェについても学べるようだね。

パン作りやお菓子作りは初心者で未経験だったとしても自分の店を持ちたいという人。

経験者でも自分のスキルアップを目指す人など、様々な人たちが通っているんだそう。

ベーカリーコース

パン作りの基礎から技術を取得して、修了時には自分だけのオリジナルパンを作れるようになるんだって。

自分の店のオリジナル商品を開業前にアイテムとして持てるっていうのは、かなり魅力的。

また、実習と並行して開業にむけてのショッププランの構築も出来て、具体的なビジョンも見えてくるようだ。

パティスリーコース

こちらもお菓子作り初心者、未経験の人でも技術を習得することが出来て、約50種類以上のアイテムを習得することが出来る。

お菓子は見た目もかなり重要なモノなので、デザイン力や表現力が身に着けることは必須項目だよね。

こちらも、実習と並行して開業にむけてのショッププランの構築も出来るよ。

カフェコース

こちらのカフェコースでは、ドリンクだけでなく、料理も学ぶことが出来る。

食のエキスパートとして、カフェの基礎から料理までトータル的な技術を習得することが出来るよ。

また、このコースでは、ドリンクのクラスでJBA(日本バリスタ協会)ライセンスを取得することが可能。

今注目されている「バリスタ」を取得して、ライバル店に差をつけられるってことだよね。

ちなみにJBAの資格を取るには、JBA認定校(RE-LIVEも認定校です!)で講座を修了してから試験で合格する必要がある。

更に各コースには

各コースでは、半年に2回のカウンセリングが実施され、自身の技術習得の状況や今後の目標などを相談する環境も整っているから、

自分が思い描く開業プランを構築していけそう。

しかも、開業後も継続的なサポートが受けられるはありがたい!!

授業料はいくら?

通いたいと思うけど、やっぱり気になるのは授業料のことだよね。

2012年時点での授業料しか、公開されていなかったので、今現在はもう少し高くなってる可能性があるけど、参考にはなると思うので紹介してみます。

ベーカリーコース 464,000円~692,000円

パティスリーコース 475,000円~703,000円

カフェコース 482,000円~1,089,000円

この他に、入学金8万円と教材費が別途必要になるそうだ。

一度に支払うのが困難な人もいるかも知れないが教育ローンの利用が可能らしいので検討してみてはいかが?

まとめ

今回は、マツコ会議で取り上げられるパン屋開業スクール「RE-LIVE」について、場所の確認やどんなことが学べるのか?それから授業料なんかも紹介して見ました。

全くの初心者だとしても、パン作りの技術や開業するためのサポートなど、独学でやろうと思うと出来そうにないことでも、

自分に投資をして技術を習得したり、自分の店を持つことが出来る。

そんな環境がこのスクールには整っているんだね。

スポンサーリンク

 - テレビ