加藤諒は子役でさんまと共演してた!あまちゃんで不良役って本当なの?

   

今回は、俳優の加藤諒さんのお話をしていきたいと思います。

加藤諒さんといえば、なんといってもあのインパクトがありすぎる太い眉毛ではないでしょうか。

お姉疑惑や役造りの為に坊主になり、普段バラエティ番組にはカツラをかぶっているなど、何かと話題が集まるかたですよね。

そんな加藤さんは、お笑い怪獣の明石家さんまさんと子役時代に共演していたんです。

私は、正直その番組は見ていなかったので分かりませんでしたが、その世代にテレビを見てた人なら有名な人だったようですよ。

ここでは、その番組について取り上げてみたいと思っています。詳しくは後ほど^^

それからもうひとつ取り上げたいのが、加藤さんは「あまちゃん」にも出演していたという話題なんですが、

あまちゃんと見ていなかったあなたの為にもう一度、紹介したいと思います。

加藤さんは不良役で登場しているんですが、どういうシーンで登場していたのかを振り返ってみましょう。

それでは、早速始めてまいりましょうね。

スポンサーリンク

子役でさんまと共演してた!

引用元:http://www.cubeinc.co.jp/

引用元:http://www.cubeinc.co.jp/

加藤諒さんは、子役出身の俳優さんですが、デビューはあの「あっぱれさんま大先生」だったんですね。

この番組の出身者には、内山信二さんや、山崎裕太さんに前田愛さんなど、いろんな方々がいらっしゃいます。

あっぱれの中では、加藤さんは明石家さんまさんに「良純」、「ママ」、「くるみちゃん」と呼ばれてたそうですよ。

あの特徴的な眉毛から「良純」と呼ばれるのは分かるんですが、「ママ」と「くるみちゃん」と呼ばれたのはどうしてなんでしょうね?

そこで、そう呼ばれるキッカケを探ってみたんですが、どうやら子役の頃から、加藤さんは今みたいに「おねえ」キャラだったらしく、「くるみちゃん」というのは、さんまさんが命名したものだったというのが判明しました。

加藤さんは子供の時から、あの濃いキャラのままで育ってきた方なんですね。

さんまさんは、子役の加藤さんから今のブレイクを予感していたんでしょうか?

なんか感じるものがあったんじゃないでしょうかね。

スポンサーリンク

あまちゃんで不良役って本当なの?

あなたは、加藤さんがNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に出演されていたのをご存じだったでしょうか?

しかも、加藤さんのキャラからは一番想像しにくい不良役だったんですよね。

「あまちゃん」を見ていなかった方のためにご説明すると、加藤さんはレギュラー出演ではなく一回だけの出演となるんですが、第29回のなかで、主役の能年玲奈(現在の芸名は、のん)さんが演じる「アキ」の母親「春子」(小泉今日子さん)が学校内を二人で歩くシーン。

母親の春子が懐かしい校舎を見ているときに、「春子が自分の高校時代を思い出した」という場面で、春子の若い頃の回想シーンで加藤さんは登場するんです。

1982年の頃、高校生の春子(若い頃の春子役は有村架純さん)はスケバンで素行が悪く放課後は不良男子生徒と一緒に校舎をブラブラしていた。

この場面の不良の男子生徒の1人が加藤さんだったんですよね。

長い時間登場していたわけではありませんでしたが、太い眉毛に特徴があるので、ドラマを見てた人ならきっと覚えがあると思います。

加藤さんは、ほかの人では変わりは務まらない貴重な人材なのではないでしょうかね。

まとめ

今回は、子役出身で現在は俳優として活躍される加藤諒さんのお話をしてきました。

加藤さんのデビュー作は明石家さんまさんの番組「あっぱれさんま大先生」でしたが、お姉キャラはそのころから発揮されており、さんまさんから「くるみちゃん」と命名されるほどでいたね。

それから、加藤さんは「あまちゃん」で不良生徒役で出演されてたのは本当で、ほんの短い時間でも視聴者にインパクトを与えたことも間違いないようですね。

今後も期待が高まる個性派な俳優さんなので、これからも頑張っていただきたいと思います。

スポンサーリンク

 - 俳優, 気になる芸能情報