GACKTの家は目黒の3階建の大豪邸?本名は岡部学じゃなかった?

   

今回は、ミュージシャンでタレントのGACKTさんのお話をしていきたいと思います。

GACKTさんといえば、毎年恒例の「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!」で2009年から正解を連続させ、2016年のお正月まで、記録を達成していましたが、チームを組んでいた北山宏光と中山優馬のミスで39連勝でストップして話題となりましたよね。

自分のミスで記録が途絶えた訳ではありませんでしたが、後輩の二人を責めることは無く、好感度もアップしています。

また、「火曜サプライズ」では、もう10年ぐらい炭水化物は口にしてないと明かしており、体系管理にも気を付ける一流芸能人であることが分かりました。

そんなGACKTさんの自宅ってどんな家なんだろう?と気になったので探ってみることにしたんですが、どうやら今現在は目黒の3階建ての大豪邸に住んでるようなんですが、知らない方の為に、以前住んでいた世田谷のマンションについても取り上げていこうと思っています。詳しくは後ほど^^

それからもうひとつは、GACKTさんの本名についてなんですが、公表されていないはずなのにネット上では岡部学という名前と大城学という名前があがっていました。

どうしてGACKTさんの本名が二つあがっているのか気になりますよね。

ここでは、GACKTさんの本名についても真相に迫っていこうと思っていますので、早速始めていきましょう。

スポンサーリンク

家は目黒の3階建の大豪邸?

引用元:http://img1.wikia.nocookie.net/

引用元:http://img1.wikia.nocookie.net/

GACKTさんは、一流芸能人なので自宅も超豪華、以前は世田谷に住んでいたようですね。

そのマンションは、4階建てで地下2階の一棟ごと所有するマンションだったみたいですが、2009年に脱税の疑いでマルサがGACKTさんの自宅に捜査をしに来たことで住所が世田谷4丁目15-10ということまでバレてしまいました。

こちらのマンション、前におしゃれイズムで中の様子が紹介されており、バスルームが30畳という広さで、寝室には滝が設置されていましたよ。

そのほかにトレーニングルームや事務所などもある凄いマンションだったのですが、借金の返済や脱税のこともあったのか、その後売却されています。

じゃあ現在はどこに住んでるの?ってことになるんですが、GACKTさんの現在の自宅は目黒にあり、黒を基調とした3階建ての家に住んでるようですね。

借金や脱税があったのにどうしてこのような豪邸にまた住むことが出来たのか?ちょっと気になりませんか?

おそらくですが、GACKTさんは個人事務所で活動しており、作詞作曲も手掛けているので、印税等はすべてGACKTさんに入ってい来るので、収入額もハンパないんじゃないでしょうか。

なので、いくら借金をしたからといっても、収入も高額で入ってくるので、このような家に住むことが出来てるんだと思います。

スポンサーリンク

本名は岡部学じゃなかった?

GACKTさんのプロフィールは謎の部分が多くミステリアスな方ですが、ネット上では本名が岡部学(おかべさとる)じゃないかという説と、もうひとつは、大城学(おおしろがく)ではないかという説と二つの説があることを、あなたはご存じだったでしょうか?

いったいどちらが本当のGACKTさんの本名なのでしょうか?

答えは、どちらも正解なんですよね。

どういうことかというと、GACKTさんはもともとは岡部学(おかべさとる)さんでした。

しかし、GACKTさんの母親が離婚をされて旧姓である大城に苗字が変わったということなんです。

更に、名前の学(さとる)という読み方も「がく」と変えたという経緯があったようですね。

子どもの頃は、体が弱くて本を読んで過ごすようなタイプだったようですが、学生時代には短ランを着てボンタンを履いていたヤンキーだったという噂もありましたよ。

まとめ

今回は、ミュージシャンで一流芸能人であるGACKTさんのお話をしてきました。

GACKTさんは以前、世田谷のマンションに住んでいましたが、借金と脱税の件があり自宅マンションを売却。

その後は目黒の一等地に3階建ての家を建てて住んでいます。

GACKTさんが豪邸に住める理由は、個人事務所を運営しており、作詞作曲も自分で手掛けるので印税やギャラは自分のところへ入ってくるためでした。

それから、GACKTさんの本名には岡部学(おかべさとる)と大城学(おおしろがく)という二つの説が存在していましたが、答えは両方とも正解であり、GACKTさんのお母さんが離婚して、旧姓である大城に変わったということ。

その時に名前の読み方を(さとる)から(がく)へと変更したというのが真相でしたね。

これからも、GACKTさんが一流芸能人として活躍されることを応援していきたいと思います。

スポンサーリンク

 - 30代が気になる芸能情報, 男性タレント